2012年12月16日

グローバル恐慌




グローバル恐慌



グローバル恐慌の真相 (集英社新書)

リーマン・ショックで金融資本を救った国家が次々、危機に瀕するという恐ろしい連鎖が始まった。グローバル化のデフレ圧力で中間層が破壊され、未来への投資が停止し、民衆とエリートの対立が深まる「冬の時代」。この長く続くであろう危機、大恐慌の足音の聞こえる時代を日本が生きぬくために必要なのは、過剰な流動性を生んだグローバル化の危うさと各国の社会構造の本質まで分析する「経済思想」だ。
『TPP亡国論』で論壇の寵児となった中野剛志と気鋭の経済思想家・柴山桂太が徹底的に危機の時代への処方箋を語りつくす!

<目次>
はじめに 壊れゆく世界を生きぬくために 中野剛志
第一章  グローバル化の罠に落ちたアメリカと世界
第二章  デフレで「未来」を手放す日本
第三章  格差と分裂で破綻する中国とEU
第四章  冬の時代のための経済ナショナリズム
おわりに 歴史は繰り返す  柴山桂太

<プロフィール>
中野剛志(なかの たけし)
一九七一年生まれ。京都大学大学院工学研究科准教授。東京大学教養学部(国際関係論)卒業。エディンバラ大学より博士号取得(社会科学)。経済産業省産業構造課課長補佐を経て現職。主な著書に『TPP亡国論』(集英社新書)など。
柴山桂太(しばやま けいた)
一九七四年生まれ。滋賀大学経済学部准教授。京都大学人間・環境学研究科博士課程単位取得退学。主な共著に『危機の思想』(NTT出版)など。グローバル恐慌の真相 (集英社新書)


最も参考になったカスタマーレビュー
114 人中、96人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 気鋭の研究者による健全な対談。 2011/12/18
By 博多ムーミン トップ50レビュアー
形式:新書|Amazon.co.jpで購入済み
 『TPP亡国論』で“時の人”となった中野剛志氏(40歳)と3歳年下の柴山桂太氏の対談。
気鋭の若手研究者どうしの、真摯な問題意識が生き生きと伝わってきた。
 経済には素人の私だが、「グローバル化」を論ずる前提となる「国際金融システム」の話
など、図式も含めて解説されており、全体的に分かりやすい内容となっている。

 “亡国論”に続いて本書を読んでみたが、私自身が、中野氏の指摘する「これまでの通俗
観念」にとらわれていた一人であったことが明らかとなった。また、リーマン・ショック以
降の世界経済に漠然と不安感を抱いていたが、読み進むにつれ、世界がより重大で緊急性を
要する危機的な状況にあることを認識した。

 特に、本書で知見を新たにできたのは「保護主義」の話。
 「社会が市場メカニズムに破壊されないため」に「福祉国家やケインズ主義」が出てきて
「労働者」「環境」を守り、奴隷の取引や児童労働を防いできた、との「保護主義」の根拠
の話に共感を覚えた。

 国際経済の話は、あまりに膨大すぎて「何が正しいか」を判断するのは困難であるが、本書
の議論が「何を大事にしているか」は十分に伝わってきた。そこには、等身大の人間の生活を
大切にしていこうとの健全な感覚があることを感じた。

 いずれにせよ、TPPをはじめ、喫緊の問題を理解する上で、一読の価値があると思う。 



  • 日本美術史

  • 山口晃作品集

  • BLポーズ集 ラブシーンデッサン集

  • 背景イラストメイキング講座

  • posted by ニュース at 13:33 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。